使い勝手よし、見た目よし。キッチン周りの収納術

キッチンは毎日使うものですよね。

だからこそ散らかると目につきます。
キレイに収納されていて、尚且つ散らかりにくい工夫がされていれば、料理中に慌てることなく作業がスムーズになります。

今回は、毎日の料理が楽しくなるキッチンの収納術をご紹介します。

 

動線を意識して収納しよう

キッチンには、最初からある程度の収納場所がついています。

まずはどこに何を入れると作業動線がスムーズなのかを考えて、物を入れる場所を決めましょう。

例えば、ガスレンジの下にはフライパンや鍋などを収納すれば、使う時にすぐ取り出しやすいです。
ガスレンジの下は、温度が上がりやすいので調味料などを収納するのは避けますが、塩・コショウ・油は火を使った調理中によく使うので、さっと取り出せるようにガスレンジの近くに置くと便利です。

菜箸やお玉などは引き出しにしまうよりも、ガスレンジ近辺にS字フックを使用して吊り下げた方が火を使いながらすぐに取り出すことができます。

流し台の下には、ボウルやバット、タッパーなどを置くことで、野菜を洗ったり作り置きを詰めたりする作業台での動きがスムーズになります。

掃除用具などもこのあたりに目につくように収納しておくと、マメに掃除をする意識も高まります。

また、キッチンの上にある棚は、踏み台を登らないと届かないことが多く、つい面倒で放置しがちです。
上の棚には、冷蔵庫やレンジの説明書、重箱やパーティー用の大皿などイベント用の物など、普段は使わないものをしまっておきましょう。

取り扱い説明書や家電の保証書は一か所にまとめて収納しておくと、いざというときにすぐに探し出すこともできます。

 

キッチンワゴンを活用しよう

よく使う調味料や、ごみ袋、洗剤、ペットボトルの水などはストックしておきたいですよね。

ところがこのストックは収納場所を圧迫してしまいます。
収納場所をごちゃ混ぜにしてしまうと、ストックと現在使っているものが混同したり、まだあるのに買ってしまったりしがちになります。

そこで活躍するのはキッチンワゴン。

キッチンワゴンに開封済みの普段使う調味料を置いておき、台所下の収納をストック場所にすることで、収納スペースを確保しつつ動線も自由自在。

またキッチンワゴンは、使う場所にワゴンを動かせばいいのでとても便利です。

ストックと日常的によく使用するものを分けて管理するので、在庫の把握もスムーズにできます。

棚と違って通気性も良いので、冷蔵庫に入れない野菜や果物の収納にもオススメです。

ワゴンの上が作業台になっているタイプだと、なお使用用途が広がります。

 

壁面を利用して小物を収納しよう

冷蔵庫の壁面や、流し台との隙間なども意外な収納場所になります。

冷蔵庫の壁面には、磁石で貼りつくタイプの収納家具を使いましょう。
キッチンペーパー、ラップ、アルミホイルなど、毎日使うけどバラバラに置いておくと邪魔になるものは、壁面にひとまとめにして収納しておくと取り出しやすくて便利です。

その他、スーパーのレジ袋などはカゴなどにドサッと入れるよりも、吊り下げタイプの収納袋に入れて壁面収納を活用すると、場所もとらずに見た目もスッキリします。

 

引き出しの中は小分けにして美しく

小さい引き出しには、お箸やスプーンなどのカトラリーを収納することが多いと思います。

色々と放り込める場所なので散らかりやすく、欲しいものが見つからないこともしばしば。

ここで大切なのは「仕切り」があること。
細かいものを片付けるなら、浅めの仕切りを引き出し内に入れて収納しましょう。

カトラリーのほかに、しゃもじやキッチンばさみ、お弁当用の小物なども仕切りがあればスッキリ収納できます。

深めの引き出しには、ファイルボックスなど深さのある仕切りを使用してみましょう。
出汁パックやコーンフレークなど高さのあるものを入れておくのに便利です。

調味料のストックなども深さのある引き出しがあれば、そこを収納場所にするのもアリです。

 

料理が楽しくなるキッチンに

いかがだったでしょうか。

元々収納場所がたっぷりあることが多いキッチン。

だからこそ、よく考えて片づけないと逆に散らかってしまい、どこに何があるか分からなくなってしまいがちです。

収納場所を工夫することで、物を見つけやすい、散らかりにくいだけでなく、料理中の動きに無駄をなくしてスムーズな作業が出来るようになります。

キレイなキッチンで料理をするのは気持ちが良いものです。

よかったら参考にしてみてください。
使い勝手のいいキレイなキッチンを目指しましょう。

最新情報をチェックしよう!
広告
>第二の人生を謳歌したいあなたへ

第二の人生を謳歌したいあなたへ

人生100年時代突入! 医療の発達などにより日本人の平均寿命が男女とも80歳を超えました。現在働いている方や定年をむかえた方、今後の人生をどう過ごしたいですか?せっかくなら楽しく過ごしたい!そう思うのが普通だと思います。

しかし、貰えるかわからない年金などは当てにできないですし、英国の教授は「今後、寿命が延びると80歳まで働く必要がある」と発表しています。

そんな夢のない人生をあなたはむかえたいですか?
一度しかない人生、思いっきり楽しみませんか?

CTR IMG