他人の目を気にしますか?

 

先日、日課のランニング中に、懐かしいヘルメットをかぶった子供を発見しました。

昔、半分無理やり息子に被らせていた物と同じものだったのです。

 

今ではかぶるのが当たり前になっている子供用ヘルメット。

昔はヘルメットをかぶって自転車に乗っている子供なんて、見なかったと思います。

 

たまたまテレビで、密かに流行っていますよーっていうのを観て、ウチの子にもかぶせてみたいって思ったのが始まりでした。

やっぱり怪我もさせたくないですし。

 

でも当時は、近所のサイクルショップとか大型スーパーとかでは全く売っていなかったと思います。

東急ハンズにちょっとだけ置いてあったくらいだったので、ネットで見かけたヘルメット(たぶん輸入物)を購入しました。

 

そんな時代に、私は息子に、ヘルメットをかぶせていたのです。(半分無理やり)

たぶん息子は相当嫌だったと思います。周りは誰も被っていないし。

 

それでもヘルメットをかぶり始めてから、数ヶ月経ったある日。

息子の友達もヘルメットをかぶり始めました。

ヘルメット仲間を見つけたときは、ものすごくうれしかったのを、今でも鮮明に覚えています。

その後、徐々に増えていき、たしか小学生のときに、ヘルメットの着用が義務化されました。

 

そのときに、 自分の直感を信じて行動しているうちに、それが世の中の当たり前になっていくこともあるんだなと、感じました。

周りで誰もやっていないことをすると、他人の目が気になるものですが、自分の信じる道を進むのもありだな。

最近はそう思うようになってきました。

最新情報をチェックしよう!
広告