出し入れしやすい収納を心がけよう

きちんと片づけをしているつもりなのに、いつの間にか家の中がごちゃごちゃしてしまうという方は、出し入れしにくい収納になってしまっている可能性があります。

今回は、出し入れしやすい形に整え、常に片付いている家を目指すための方法をご紹介します。

 

用途別に分けてみる

頭の中で収納を考えて、それに合わせていこうとするとなかなか片付きません。

思った以上に入れるものがあり入らなかったり、ぎゅうぎゅうに入れてしまうと出しにくくなったりすることもあります。

次に出し入れすることを考えると、こうした収納の仕方ではうまく片付かなくなってしまいます。

 

そんなときは、まずは用途別に分けてみるのがおすすめです。

大体同じような使い方をするものは同じ場所にしまうことを心がけてください。
服ならば季節ごと、カジュアルかフォーマルかといった分け方をしてもよいでしょう。

そうして出てきたものを分けて、もう一度見直してみましょう。
同じようなものが複数あって一つしか使わない時には、不要な分を処分するという事でスペースを空けることができます。

ついつい目についたものを購入しているという方はこのように同じものがあるというときが多いので、用途別に分けた段階で取捨選択して物を絞り込んでおくことをおススメします。

用途別に分けたことで、同じものを発見しやすくなりますので選別がしやすくなります。

 

今使っているものをピックアップ

今まさに使っているようなものは、すぐ手の届くところに置いておきたいものです。

そういったものは取り出しやすい場所に優先的にしまっていくべきなので、まずはそれをピックアップしておきます。

デスクなら一番取り出しやすい引き出しに「今使っているもの」を入れます。
ペンなどは卓上のペンスタンドにたてましょう。

キッチンでも同じです。
最も手の届きやすいところによく使うものを置いておくことで使い勝手が良くなります。

今使うものが奥にしまわれていると、取り出すのが大変で他のものを動かさなくてはならないこともあります。
そうすると出しにくく使いにくいですし、再びしまうのも大変です。

こういった状況になることを防ぐため、今すぐ使うようなものについては手の届きやすいところに収納するという事をまず意識してください。

しかし、ここで多くのアイテムを選んでしまうと、収納量が多くなり結果的に取り出しにくくなります。
よく使うアイテムをしっかりと厳選しておくことが大切です。

 

すぐに使わないものはボックスに入れラべリング

今すぐには使わないけれど、後で必要になるというものもありますよね。
特定の季節に活躍するアイテムや季節外れの服はすぐに取り出せるところになくてもよいけれど、必要なときにどこにあるか分かるようにしておきたいものです。

そういったものはボックスにまとめておくとスッキリします。
ホームセンターやネットでも、収納用のおしゃれなボックスがたくさんありますので、そういったものを利用していきましょう。
ボックスの種類が同じものを並べると、部屋がスッキリ見えます。



ポイントは、中に入っているものが分かるようにすることです。
見えるところにラベルを貼るなどして、中に入っているものが分かるようにしておきましょう。

必要なときはボックスごと出し入れしやすく使いやすい収納になります。

 

不要なものを省いていくことも必要

収納がうまくいかないという場合、多くは収納場所に対して収納すべき量が多すぎるということがあります。
きちんと収まる量に抑えるために、不要なものは処分してスペースを空けていくということが必要です。

収納した時点で100%の収納量にしてしまうと、ちょっと何かを購入してきたらすぐにパンクしてしまいます。

いつの間にか収納できずにあふれているものが多いという方はこうした場合が多いです。
収納するアイテムの量は最大でも8割程度にとどめておきましょう。

少し空間が空いている程度のほうが後々使いやすくなります。

こうした状態を保つことで、物が多少増えても収納ができ、散らかりにくくなります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上が出し入れしやすい収納方法になります。

使いやすい収納をすることで、部屋全体がスッキリすることの他に、効率性もあがるので、さらに快適に過ごすことができるようになります。

是非、試してみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!
広告
>第二の人生を謳歌したいあなたへ

第二の人生を謳歌したいあなたへ

人生100年時代突入! 医療の発達などにより日本人の平均寿命が男女とも80歳を超えました。現在働いている方や定年をむかえた方、今後の人生をどう過ごしたいですか?せっかくなら楽しく過ごしたい!そう思うのが普通だと思います。

しかし、貰えるかわからない年金などは当てにできないですし、英国の教授は「今後、寿命が延びると80歳まで働く必要がある」と発表しています。

そんな夢のない人生をあなたはむかえたいですか?
一度しかない人生、思いっきり楽しみませんか?

CTR IMG