家庭で役立つ!快適な住まいへと導く収納術!

今回は、家庭で役立つ収納術や便利な収納アイテムなど、これからの生活をより快適にするための収納にまつわる情報をご紹介していきます。

片づけが苦手な方や、片づけてもすぐに元の状態に戻ってしまうという悩みを持つ方にとっても、役立つ情報があると思いますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

 

収納を始める前の断捨離!悩んだ時は潔く!

収納する上で大切なことは、まずは物を整理整頓することから始めます。

ここで覚えておくべきポイントは、物の数を減らすということです。

見た目をきれいに見せることだけに重点を置いた収納法の場合、美しい状態は長続きしません。
そのため、全体の収納空間の7割を超えないことを意識して収納していくことがカギとなります。

そうすることで、収納空間に余裕が生まれ、ワンアクションで取り出しやすく片づけやすくなるので、新たに物が散乱してしまうということを防ぐことができます。

 

説明書やハガキ、書類の収納術

書類の収納で重要なことは、分別し目印をつけることです。

まずは、基本の整理として、すでに所持していないものの説明書や、保証期限の切れた保証書など不要となった書類は破棄してしまいましょう。

そして、必要な書類は、自宅の契約書類、車関係、家電製品の説明書、保険関係など、いくつかのカテゴリーに分別し、それぞれファイルボックスに収納しましょう。

また、収納するときもまとめて入れるのでなく、家電書類なら洗濯機の説明書や冷蔵庫の説明書など一つずつクリアファイルを使ってさらに細かく分けます。

最後に、付箋を使ってファイルに目印をつければ簡単に見分けることができます。

 

衣服の収納術

衣服を整理するときは、長年着ていないものは迷わず破棄しましょう。

この時に、例えば、「1年間で一度も着ていないものは破棄する」など、自分の中で基準を設けましょう。

タンスや引き出しケースに洋服を収納する際、服の柄が見えるよう外側に向けて畳むことがポイントになります。
柄が見えないと、服を間違えて取り出してしまったり、再び畳むのが面倒になってそのまま放置してしまったりすることに繋がります。

 

服は夏物と冬物で分けて、さらに上と下に着るものでケースを分けると良いです。

また、服を畳むこと自体が苦手な人の場合、畳む大きさにばらつきが出て、なかなかきれいに収納できないということも。

そういった場合は、あえて畳まずに、Tシャツや長袖などを分けてハンガーラックにかけてしまうのもありです。

また、普段着ない厚手の服などは、圧縮袋に入れて小さくまとめて保管しておくのも便利です。

 

キッチンの収納術

フライパンや鍋類は、専用の仕切りを使用すると大変便利です。

無い場合には、100均などで売っているファイルボックスを並べてそこに収納すると同じような役割で利用できます。

 

また、キッチンの引き出しは、コンロの下には鍋やフライパン類、調理場の下には調味料や菜箸やお玉など、シンクの下には洗剤やキッチンの掃除用具など、その場で必要になることの多いものを身近な場所に収納しておきましょう。

100均のケースや突っ張り棒を使って、引っ掛けたり分別して収納すると細かいものもワンアクションで取り出しやすくなります。

 

また、保存食品である乾物や麺類、粉類などは、それぞれ種類ごとにボックスに分けましょう。

この時に、「このボックスに収まりきらない量は買わない」と自分の中でルールを決めておくと、買いすぎや物が溢れるということもなく買い足していけます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

収納が苦手な方の場合、まず何から始めたら良いのか、どのように片づけていったら良いのか迷うと思います。

そのようなときは、一度全部の物を取り出して自分の前に出してみてください。
すると、思っていた以上に物が多いことに気づくはずです。

 

引き出しの奥にしまいこんで眠らせておくのではなく、全部を見つめて、要るものと要らないものを整理整頓し、収納場所の7割の量に削減することができれば、それだけで既に収納の半分は成功していると言っても良いかもしれません。

物を整理していく時は捨てる勇気を持ちましょう。

また、しまっていく過程が難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのような時こそ収納アイテムに頼りましょう。

ラックや棚などの専用のアイテムもありますし、100均でも十分揃えられます。

収納は、少しの工夫や身近なアイテムを活用するだけで、一瞬で便利になったり過ごしやすい空間へと変化させたりすることができます。

以上のことを参考に、収納や片づけに悩んでいる方はぜひ挑戦してみてください。

最新情報をチェックしよう!
広告
>第二の人生を謳歌したいあなたへ

第二の人生を謳歌したいあなたへ

人生100年時代突入! 医療の発達などにより日本人の平均寿命が男女とも80歳を超えました。現在働いている方や定年をむかえた方、今後の人生をどう過ごしたいですか?せっかくなら楽しく過ごしたい!そう思うのが普通だと思います。

しかし、貰えるかわからない年金などは当てにできないですし、英国の教授は「今後、寿命が延びると80歳まで働く必要がある」と発表しています。

そんな夢のない人生をあなたはむかえたいですか?
一度しかない人生、思いっきり楽しみませんか?

CTR IMG