皿洗いから学んだこと

先日、知り合いのコンサルタントに教えてもらったものですが、

よく自己啓発本やセミナーなどでも言われているのが、
仕事をしていく中で大切なのは

『行動力』

確かに動かなければ、成功もありませんし、自己成長もできません。

だからこそ『行動力』は仕事、プライベートでも重要な部分になってきます。

 

ただ、私が教えてもらった『こうどうりょく』は少し違って、

 

例えば、
レストラン・飲食店などで「皿洗い」をする場合で考えてみてと言われました。

 

あなたは繁盛しているレストランの見習いスタッフとして働いています。
あなたの仕事は「皿洗い」です。

今日はいつにも増してお店は大盛況で、洗い物をどんどんしなければ調理器具やお皿が足りない状況になってきました。

 

そこであなたは何から洗いますか?

例えば、お皿から?
それとも調理器具から?
はたまた目の前にあるものから?

私はとりあえずお皿からと答えました。

知り合いのコンサルタントが言うには、

 

仮にお皿から洗ったとします。
→ そうすると調理器具が足りなくなってしまい、調理場からクレームがきます

仮に調理器具から洗ったとすると
→ お皿が足りなくなってしまい、ホールからクレームがきます

 

どちらから洗ってもクレームがきます。

どちらも正解で不正解だとのことです。

 

重要なのは、

「なぜ、それから洗ったのか」です。

 

例えば洗い物の中で、お皿がたまっていて足りなくなりそうなら、お皿から。

逆に調理器具が足りなくなりそうなら、調理器具から。

そうすることで、調理場・ホールからのクレームは減っていきます。

 

そんな風に状況に合わせて臨機応変に対応していくことが大切だと言っていました。

 

皿洗いという誰でもできる仕事。(行動する)
それをただ淡々とこなしているだけでは、クレームが来てしまい失敗します。

 

それを状況に合わせて臨機応変に対応していく(考えて動く)

 

つまり、

『行動力』 ⇒ 『考働力』

に変換することで、自分自身の成長や成功に繋がっていくのだと。

 

これは仕事だけでなく、人間関係でも相手の事を考えて行動することにより、
良い人間関係が構築されていくと言っていました。

 

色々と、勉強になります。

最新情報をチェックしよう!
広告
>第二の人生を謳歌したいあなたへ

第二の人生を謳歌したいあなたへ

人生100年時代突入! 医療の発達などにより日本人の平均寿命が男女とも80歳を超えました。現在働いている方や定年をむかえた方、今後の人生をどう過ごしたいですか?せっかくなら楽しく過ごしたい!そう思うのが普通だと思います。

しかし、貰えるかわからない年金などは当てにできないですし、英国の教授は「今後、寿命が延びると80歳まで働く必要がある」と発表しています。

そんな夢のない人生をあなたはむかえたいですか?
一度しかない人生、思いっきり楽しみませんか?

CTR IMG