Google AdSenseから警告が!!ads.txtファイルを設定してみた

先日、googleアドセンスの合格メールが届いて、とりあえず一安心。と思っていた矢先にアドセンスサイトを見てみるとこんな警告が!!

 

 

画像だと少し見にくいかもしれないので、警告の内容はこんな感じです。

要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

??何のことでしょう??と思い、調べてみたら

「ads.txtファイルが見つからないから早くアップロードしなさいね」っていう意味らしいです。

これでも意味が良く分かっていないですが、この警告が出た時の対応方法を書いていきます。

 

そもそもads.txtファイルってなに?

 

ads.txtファイルって言われても、まったくもって何が何だかわかりませんよね。

なのでgoogleアドセンスのヘルプから引用してみました。

ads.txt で認定販売者を宣言する

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

簡単に言うと、
このads.txtファイルを設置・公開することによって、広告詐欺を防ぎましょうね。
って事のようです。
またこのads.txtファイルの設置・公開は必須ではありませんが、googleは推奨しているようです。
なので、googleさんがおっしゃるのなら、私は設置・公開したいと思いますので、早速やっていこうと思います。

ads.txtファイルの設置方法

下にgoogleアドセンスのサイトから引用してきたads.txtファイルの設置方法です。
それでは順番にやっていきます。

AdSense 向けの ads.txt を作成する

Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。

  1. テキスト ファイル(.txt)を作成します。
  2. ファイル内に次の 1 行を含めます。google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
    重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。
  3. 作成した ads.txt を、ドメインのルートレベル(例: https://example.com/ads.txt)でホストします。ルートレベルとは、Public Suffix List に記載されたドメイン名の 1 つ下のレベルを指します。たとえば「google.co.uk」は「co.uk」のルートドメインですが、「maps.google.co.uk」はそうではありません。詳しくは IAB の ads.txt 仕様書をご覧ください。

テキストファイル(.txt)を作成します

テキストファイルの作成は簡単です。

windowsの場合なら「メモ帳」や「テキストドキュメント」で作成します。

 

テキストファイルにサイト運営者IDを記入します

メモ帳やテキストドキュメントを開いたら、下記をまずコピペします。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

次にgoogleアドセンスのサイトに行き、運営者IDを確認します。

運営者IDがある場所は、

画面左メニューの「アカウント」

「アカウント情報」

そこから確認できます。

ここに記載されている「pub-」から始まるIDを先ほどコピペした

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

のマーカー部分と置き換えます。

置き換えたらファイル名を「ads」にして、文字コードを「UTS-8」にして保存します。

これで、ads.txtファイルの完成です。

 

作成した ads.txt を、ドメインのルート直下にアップロードします

作成したテキストファイルをアップロードするには2つの方法があります。

① FTPソフトを使ってアップロード

② レンタルサーバーサイトから直接アップロード

FTPソフトを使ってアップロード

FTPソフトを使ってアップロード場合は、
ドメインフォルダ⇒public_htmlの中にアップロードします。

レンタルサーバーサイトから直接アップロード

契約しているレンタルサーバーにもよりますが、私が使っているのはエックスサーバーなので、こちらで説明させて頂きます。

① ログインをして画面中央部分の「サーバー」のところに「ファイル管理」があるのでそちらをクリックします。

② アップロードしたいドメインを選びます。

③ public_htmlがあるので、そこをクリックします。

④ 画面右側にファイルのアップロードがあるので、先ほど作成した「ads.txt」ファイルを選択してアップロードします。

アップロードが完了すると、ads.txtファイルがpublic_htmlフォルダの中にアップロードされているのが確認できます。

これでads.txtファイルの設置が終わりました。

文章で書かれているとなんか難しく感じられますが、実際にやってみると簡単です。

 

心配な場合は確認してみる

ちゃんとアップロードされて設置できたか心配な方は確認してみることをお勧めします。

確認方法は設置したサイトのURLに「/ads.txt」を追加して、サイトを開いてください。

作成した

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
※マーカー部分はご自身の運営者ID

が表示されれば大丈夫です。

 

あとは24時間ごとにgoogleのクローラーが巡回してくるので、

認識されればアドセンスサイトの警告は消えています

 

これで一安心です(^^♪

ちなみに、無料ブログの場合、ads.txtファイルを直接アップロードできない場合がほとんどなので、運営側の対応を待つか、問合せをしてみてください
最新情報をチェックしよう!
広告
>第二の人生を謳歌したいあなたへ

第二の人生を謳歌したいあなたへ

人生100年時代突入! 医療の発達などにより日本人の平均寿命が男女とも80歳を超えました。現在働いている方や定年をむかえた方、今後の人生をどう過ごしたいですか?せっかくなら楽しく過ごしたい!そう思うのが普通だと思います。

しかし、貰えるかわからない年金などは当てにできないですし、英国の教授は「今後、寿命が延びると80歳まで働く必要がある」と発表しています。

そんな夢のない人生をあなたはむかえたいですか?
一度しかない人生、思いっきり楽しみませんか?

CTR IMG