【一番いけないのが、何もしない人】

人間が決断するときに、3種類の人間がいます。
 
決断の早い人
決断の遅い人
決断も何もしない人
 
この中の理想は、もちろん「決断の早い人」です。
次によいのが「決断の遅い人」です。
 
決断の早い人は「1、2、3」と前に進んでいくことができます。
 
決断の遅い人でも「1…、2…、3…」と進みます。
 
進む速さは遅いですが、ゆっくり前に進むことができています。
最後に、もう1つのパターンがいます。
 
「決断も何もしない人」です。
これが最もよくないパターンです。
 
何もしないと、本当に何も起きないのです。
いいことも悪いことも、ありません。
 
ただ時間が過ぎていくばかりで、日常に変化がありません。
ただ仕方なく生まれてしまい、なんとなく生きるだけでは、生きていることに喜びを見い出すことができません。
何もしないことほど、もったいないことはありません。
 
学校の新学期の授業で、最初に先生が名前を覚えるのは、最初に手をあげた生徒だと言います。
 
積極的に手を挙げる生徒は、回答する機会がある分、印象に強く残ります。
 
その反対に、一番印象に残らない生徒は、手を挙げない生徒だと言われます。
 
手も上げない、何も発言しない、だから正解することも間違うこともない。
 
こうした生徒ほど、存在感の薄い生徒はないのです。
 
人生も同じです。
 
何もしない人には、神様にすら印象が薄く、誰なのか忘れ去られます。
神様が一番見てくれるのは、どんどん決断をして、積極的になっている人です。
大いに間違い、大いに笑い、楽しみ、悲しみ、いろいろあるけれど、頑張って行動している人。
神様は、こうした積極的な人を見逃しはしません。
見逃すどころか、一生懸命頑張っていることに心を打たれ、助けてくれるようにさえなります。
だから積極的に行動している人は、運がいいのです。
何もしない人は存在感が薄いため、神様に気づかれることもなく、助けられることもなく、その名のとおり何も起きないのです。

最新情報をチェックしよう!
広告
>第二の人生を謳歌したいあなたへ

第二の人生を謳歌したいあなたへ

人生100年時代突入! 医療の発達などにより日本人の平均寿命が男女とも80歳を超えました。現在働いている方や定年をむかえた方、今後の人生をどう過ごしたいですか?せっかくなら楽しく過ごしたい!そう思うのが普通だと思います。

しかし、貰えるかわからない年金などは当てにできないですし、英国の教授は「今後、寿命が延びると80歳まで働く必要がある」と発表しています。

そんな夢のない人生をあなたはむかえたいですか?
一度しかない人生、思いっきり楽しみませんか?

CTR IMG